健康のためにできることをはじめよう

健康の助けに水を飲む習慣をつけよう

水を飲むことは健康に良い
水を飲むことは健康に絶大なメリットがあります。起床時に頭がフラフラした経験のある方は多いでしょう。全身の血液がドロドロになっていると、血管が詰まることでこうした症状が出るのです。水は血液を適度に薄める作用があるので、血流がドロドロの方ほど多めに飲むほうが良いとされています。また、水はむくみを解消するためにも欠かせません。むくんでいる状態は、毒素がとどまっているのです。体液をスムーズに排出するためにも、1日2リットル程度は飲むようにしましょう。健康のためには、血液やリンパ液などの体液の循環をよくする必要があります。身体の巡りがよくなると、血管に関わるほとんどの病気を予防できます。肥満や糖尿病、脂質異常症などを防ぐためにも大切なのです。

人間の体の約60%は水でできていると言われています。生活していると尿や汗、呼気として1日に約2~2.5リットルの水が出ていくとされ、その分を食事や飲料水で補わないと、体の機能が低下するのです。水が不足することで、血液が粘りのある状態になり、血流が悪くなります。血流が悪くなると、脳内の血流も悪くなり精神にも悪影響を及ぼすと考えられます。
出典:アルピナウォーター

睡眠不足は胸の成長を妨げます

睡眠不足は胸の成長の妨げになります
ハリがある豊かな胸を目指しているという方は、睡眠不足に注意が必要です。女性ホルモンの分泌は眠っている間に盛んになります。女性ホルモンの分泌は、胸の成長に欠かすことができないものなので、睡眠時間が短くなり、睡眠不足の状態が続くと成長が促進されず止まってしまうことがあるので注意が必要です。また、夜の22時から翌2時までは、お肌のゴールデンタイムといわれています。この時間は成長ホルモンの分泌が盛んになる時間帯です。このホルモンの分泌も、胸を大きくするためには欠かすことができない重要なホルモンです。30歳くらいまでのバストの大きさにはこのホルモンが深く関わっているといわれています。ですから、胸の成長のために夜はしっかり質の良い睡眠をとることを心掛けましょう。

更年期障害を遅らせる方法はある

女性ホルモンを補おう
「更年期障害を遅らせる方法はあるのか」サプリメントで、女性ホルモンが足りなくならにように成分を補ったり、体内の混乱状態を鎮めるような栄養素を摂ることにより、更年期障害にならないということは止められませんが、更年期障害のさまざまな症状を予防することができるといわれています。このような機能を持つ食物といわれているのは、大豆イソフラボンやマカ、ざくろ、ローヤルゼリー、高麗にんじんなどがあります。これらの食物がどのように作用しているか、よくわかっていない部分が多いのですが、女性ホルモンの働きを補いさまざまな症状をおさえる効果は持っています。まずは、栄養バランスのよい食事を取ることが一番大事で、その上で食事で補えない栄養をサプリメントで補うことで、更年期の症状を遅らせることが出来るのではないかといわれています。

「更年期障害」参考サイト
更年期障害レベルを確認しましょう
どのような症状が起こると更年期障害なのか、自分の更年期障害はどのレベルなのかなど、セルフ確認しましょう →更年期障害チェック方法
更年期障害に有効な成分
更年期の症状を和らげる大豆イソフラボンサプリメントを摂ろう →更年期サプリメント